クレジットカードスターターガイド

クレジットカードの強制退会は本当にあるので気を付けて!

クレジットカードの強制退会は本当にあるので気を付けて!

クレジットカードの強制退会は本当にあるので気を付けて!

 

クレジットカードを発行したら、何事も問題なく利用し続けたいところですよね。しかし、中には、強制退会を強いられるケースもあります。意外な理由で退会されてしまうこともあり得るため、正しい利用方法をしっかりと理解しておきたいところですね。

 

 

避けたい「強制退会」とは?

そもそも強制退会ってなに?と気になるところ。文字通り、強制的にクレジットカードの契約を破棄されてしまうことです。

 

そんなことして法に触れないのか?と感じるかもしれません。正直なところ、専門家ではないのでなんとも言えません。が、たとえ強制退会させられ訴えたとしても、勝てる見込みはないというのが大半のようです。

 

理由はいくつもあります。1つは、強制退会をする前に、しっかりと注意勧告があること。それを無視し続け、カード会社もやむを得ず、この選択をしていることになるからです。平たく言えば、カード会社都合で退会をさせているわけではないということです。

 

 

カード会社の不利益になる行為で強制退会

では、どのような理由で強制退会になるのか?

 

非常に簡単な話で、カード会社に対して不利益になることを何度も何度も繰り返すと、可能性は非常に高くなります。事実「利用規約違反をし続けると強制退会の手段を取るよ」と、利用規約に記載されています。

 

代表的なところでは、利用代金を支払わない行為です。ごくごく当たり前のことですが、意外とこのような状況に陥ってしまっている方は多く存在します。支払いができないときは、カード会社へ連絡し相談するようにしてくださいね。似たような例で「支払いはするけど遅延が多い」と、このような場合も、頻発してしまうと強制退会になってしまう可能性は十分あります。

 

さらに、昨今、問題視されているのが「現金化」です。「バレないだろう」と思いがちですが、あからさまにおかしな買い物があると、カード会社も警戒しチェックしているため、バレてしまいます。こちらも、利用規約に「ダメですよ」と記載されているため、絶対にやらないようにしましょうね。

 

 

強制退会した情報はカード会社で共有されます

さて「別に強制退会されても新しくカード作れば問題ない」と考えている方がいらっしゃるかもしれません。ここで声を大にして伝えておきます。

 

強制退会後は、他社のクレジットカードだとしても「発行できない可能性がある」と。

 

これは、この手の情報が信用情報機関にしっかりと記録されるからです。もちろん、遅延や未納情報は登録されています。さらに「強制退会」というレッテルを貼られるため、大きな痛手になってしまうわけです。したがって、強制退会を甘く見ず健全に利用することが大事なことになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ